システム:ハンディターミナルシステム

ハンディターミナルシステムとは…

スキャナー付きハンディターミナル(以下ハンディ)で商品やラベル等をスキャンして検品業務や入力業務を現場で行える作業支援システムです。入荷検品、出荷検品、棚卸などの業務に活用されます。

特徴・メリット

各アプリケーションをインストールできるので物流センター内のあらゆる業務をハンディで行えます。またスキャンして商品認識、検品を行えるので精度の高い作業を行うことができます。

役立つアドバイス!ミスター物流のご提案
無線ハンディは物流センターでは必須と言えるような機器になりました。以前と比べると安価になったのが普及要因の一つかもしれません。
入荷検品、ピッキング、出荷検品、棚卸などの単一システムで導入する場合とWMSの現場端末として導入する場合があります。
パッケージソフトも普及しており、それを活用するのも1つの手です。但し、自社運用やイレギュラー運用などを考慮してカスタマイズ要件をしっかり定義しないと使えない物になってしまいます。

機器・制御

  • ハンディには無線タイプ、バッチタイプ、大画面タイプ、ペン型、冷凍庫仕様など様々な機種があり、使用用途や現場環境により選択できます。
  • パッケージソフトを活用する場合はそのソフトが対応している機種にならざるを得ません。

導入検討時のPoint!

商品バーコード率
ハンディに商品を認識させたり、検品したりする場合、商品にバーコードがソースマーキングされていないと、作業者が商品知識を必要となり、効果は薄れます。
適応性
例えばピッキング作業から言えばデジタルピッキングは追い越し作業が基本的にできないが、ハンディは追い越しピッキングが可能なので様々な出荷データに対応できます。
作業性
ハンディを手に持っての作業となるため作業性が落ちることもあります。

無線ハンディ

無線ハンディ

冷凍仕様ハンディ

ミスター物流は、お客様へのヒアリング・調査に基づき、お客様に最適な物流機器・物流システムをセレクトし、
物流コスト削減などのソリューションをご提案いたします。

お問い合わせ・見積依頼はこちら

ページ上部へ