納入事例:株式会社フィールコーポレーション 大府ドライ物流センター様

一括物流によりお店への商品の安定供給と、トータル物流コストの低減。

概要

フィールコーポレーション様は、「地域にあった店づくり」を戦略として、愛知県内に45の店舗を持つスーパーマーケット。2006年に創業60周年を迎えたのを期に、大府市に自社流通センターを開設。

プロジェクト詳細

課題・ニーズ

店舗サービスの向上
  • カテゴリー別納品の実現
  • 賞味日管理の徹底
  • 店着ノー検品の仕組み
センター機能の充実
  • 出荷精度を10万分の1
  • 正確でリアルタイムなEDI対応
  • センターからの一括発注
トータル物流コストの削減
  • 物流拠点の集約により、在庫の圧縮と物流経路の簡素化
  • メーカー様への発注頻度低減による輸送費用低減
建築設計と物流設計が協働し、投資コストを下げる

ご提案内容・解決策

  • EDI対応として庫内無線LANを採用し、入荷には検品カートによる検品と賞味期限管理の徹底を図り、ピッキングにはピッキングカートによるスキャン検品と内容明細(SCMラベル)を貼付するシステムを構築する。
  • ケース商品の出荷にはオートラベラーを採用し(出荷数の8割貼付)、出荷精度と生産性の向上を図る。
  • バラ商品の補充を無線ハンディで行いコンベヤ搬送し、補充精度のアップと補充作業の軽減を図る。
  • ソーターラインを架台上に設置し、積込作業の動線を短縮する。

導入内容・納入製品

保管棚 パレットラック、プッシュバックラック、ピックトゥベルト、ボードラック、流動棚、中量ラック
搬送装置 垂直搬送機、搬送コンベヤ、シューソーター
システム ピッキング・入荷カート、無線ハンディ検品システム、オートラベラー、ラベルプリンタ
各種工事 定温庫、ピックトゥベルト用安全対策

導入後の効果

  • 誤出荷率が10万分の1になった。
  • 商品の出荷前事前情報(ASN)が確立できた。

プロジェクト体制

プロジェクト体制図

センター外観

ピッキング・入荷カート

ピックトゥベルトライン

シューソーター

オートラベラー

ミスター物流は、お客様へのヒアリング・調査に基づき、お客様に最適な物流機器・物流システムをセレクトし、
物流コスト削減などのソリューションをご提案いたします。

お問い合わせ・見積依頼はこちら

ページ上部へ