物流設備:ラック(棚)

保管棚とは…

商品を出荷するまでの間一時的に保管するための棚(ラック)

特徴・メリット

格納物の重量、形態、材質、流量によりラックを選ぶ必要があります。
適切に導入することにより、ロケーション管理、在庫管理、整理・整頓がしやすくなるという利点があります。

役立つアドバイス!ミスター物流のご提案
流通倉庫などでは、保管商品の流量等が変化しているにも関わらず、その特性に合った保管をしていないケースが見受けられます。
保管効率は無論のこと、作業効率の向上の為にも、適切なラックを適切なレイアウトで使用することは、重要なことです。
ミスター物流では、さまざまな与件から、最も最適なラックの選択、レイアウトをご提案いたします。

種類と選別のポイント

段あたりの耐荷重による判別
  • 軽量ラック:100Kg/段まで
  • 中軽量ラック:200Kg/段まで
  • 中量ラック:500Kg/段まで
  • 重量ラック:500Kg/段以上
保管形態による判別
  • バラ、ボール、ケース:軽量〜中量ラック
  • パレット:重量ラック
面積あたりの保管効率を重視する(集約保管)
移動ラック(ケース、パレット)、プッシュバックラック(パレット)、ドライブインラック(パレット)
先入れ先出しの徹底、出荷頻度を重視する
高頻度:流動ラック(ケース、パレット)

中量ラック

流動棚

電動パレットラック

水平流動ラック

ミスター物流は、お客様へのヒアリング・調査に基づき、お客様に最適な物流機器・物流システムをセレクトし、
物流コスト削減などのソリューションをご提案いたします。

お問い合わせ・見積依頼はこちら

ページ上部へ